夏っぽい野菜でスープカレーを作ってみた

洋風

今日は夏っぽい野菜でスープカレーを作ってみました。
スープカレーのいいところは野菜をたくさん摂れるところと胸焼けしないところですね。
暑くなるとなかなか食欲も出ないし35歳を超えたあたりからカレーを食べると胸焼けをすることも多くなってしまいました。そんな時にスープカレーはちょうど良いのです。

スポンサーリンク

夏っぽい野菜でスープカレーを作ってみた

作り方

  1. ざっくりした作り方は次の通り。
    鶏もも肉にカレー粉をまぶしてもみこむ。野菜には軽く塩をふる。
  2. ↑で下ごしらえした鶏もも肉と野菜(玉ねぎ、ナス、ピーマンなど)をオーブンでロースト(15分くらい)する。
  3. 鍋でオリーブオイルでガーリックと玉ねぎの細切りを炒める。
  4. 鍋に水を張ってブイヨンか鶏がらスープのもとでベースを作る。
  5. 湯むきしたトマト、オクラ、マッシュルームを入れる。
  6. ローストした肉と野菜を鍋に投入。
  7. カレー粉を入れる(大さじ1程度)
  8. 蓋をして10分くらい煮込む

工程はそれなりに多いですが、難しくないですよね。野菜を切る、焼く、スープ作る、煮込む、以上。
かなり簡単です。

 

出来上がり

出来上がったのがこちらです。

image

皿に盛るのがめんどいので鍋のまんま食卓へ。

野菜はローストしてあるので柔らかいし、トマト、なす、オクラは旬のものなので味が濃くてうまいです。

 

S&B カレー 缶 84g×2個

あと、我が家で使っているカレー粉はS&Bの特製エスビーカレーです。油脂分やら小麦粉やらは使われていないので、胸焼けすることもありません。揚げ物の味付けなんかにも使えてとっても便利です。

問題はとろみがないことと、これでとろみのあるカレーを作るとめっちゃ辛くなることです。スープカレーだと全然からくならないんですけどね。不思議ですね。

ご飯をお皿によそってスープを入れてもいいですし、そのままおかずとして食べてもおいしいので、夏で食欲がないときにもおすすめです。