お正月終了につき中華料理を解禁

中華風

あけましておめでとうございます。

今年からonodelisanはレシピにこだわらずに日々の食べ物のことをいろいろ書いていこうと思います。

年が明けてからすでに1週間が経ちました。関西では一般的にはまだいわゆる松の内、ですが仕事も始まり学校、幼稚園もとなると正月モードではもはやありません。

かなりどうでも良い話ですが、僕は正月に中華料理は食べない派です。

中華料理は大好きなんですけどね、なんとなくお正月は和食とか焼肉を食べたいんです。洋食もローストビーフとかテリーヌとかハムとか、あの辺を中心にしてガッツリしたのは避けてます。

とか言いながら元旦からびっくりドンキーに行ったりしてたんですけどね。

そんな正月モードももう終わったので、新年の手料理一発目は中華料理にしました。

奥は汁なし中華そば、いわゆる台湾まぜそば。手前左は卵チャーハン、その右は唐揚げ。

久しぶりに脂っこいものを食べると美味しいですよね。

中華そばは甜麺醤ベースの甘い味付け。好みで豆板醤も加えてピリ辛にしても美味しいです。

唐揚げは鶏胸肉を塩、コショー、料理酒で揉み込んで30分ほど放置したあとに米粉をまぶしてジンワリ揚げると柔らかく味もしみて最高です。

卵チャーハンもシンプルに鶏がらスープの素と醤油だけの味付けにして口直し的な感じにしました。

脂っこいとは言え家での料理なので

なんだかんだでやはり中華料理は美味しくて良いですね。